Home > News > 今晩!HEY!HEY!HEY!(フジTV)でFrankie Goes To Hollywood「RELAX」のビデオが紹介されます!

今晩!HEY!HEY!HEY!(フジTV)でFrankie Goes To Hollywood「RELAX」のビデオが紹介されます!

update on 10.11.22
この記事を共有
Bookmark and Share

今晩!HEY!HEY!HEY!(フジTV)でFrankie Goes To Hollywoodの超ド級ヒット作品、「RELAX」のミュージック・ビデオがO.A.されます!!

放送禁止になるほど過激な曲やビデオを発表し、メンバー自らゲイであることを公表するなど、その言動が世間の注目を集め、80年代中期のイギリスで大きな社会現象を巻き起こしたフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリ ウッド。

デビューから3曲連続で 全英一位を獲得し同じリヴァプール出身のビートルズの記録を塗りかえ世界でのレコード売上総計は5000万枚ともいわれています。

そのギネス級のヒット作品を2009年リマスター。さらにマニア垂涎の豪華ボーナス・トラックを加えた日本オリジナル仕様で2作品を発売中!!

今、ZTT JAPAN SHOPで『ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム(デラックス・エディション)』、『リヴァプール』のいずれかをお買い上げいただいた方には、オリジナル・ステッカーをプレゼント中!お見逃しなく!!


ステッカーの絵柄は以下の、全5種類です!
<1> "RETURN TO THE PLEASUREDOME"ロゴ・ステッカー
<2> "RELAX"ジャケット・ステッカー
<3> "FRANKIE SAY"Tシャツデザイン・ステッカー
<4> "EUROPEAN TOUR"AAAバックステージパス復刻デザイン・ステッカー
<5> F.G.T.H."BANG!の方程式"ステッカー

この中より、ランダムで3種類がピックアップされて商品と一緒に発送されます。
是非この機会をお見逃しなく!

※数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせて頂く場合がございま
す。ご了承下さい。






top
『ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム(デラックス・エディション)』
(XECZ-1037-38:¥2,580[税込])
NOW ON SALE!
  • 2CD
  • 2009年リマスター盤+貴重曲満載ボーナスCD
  • 日本盤オリジナル紙ジャケ仕様<生産枚数限定盤>
  • 日本独自企画盤
  • 解説:鹿野淳(MUSICA)

 

 

 


新人ながらデビューから3曲連続で全英一位を獲得、世界でのレコード売上総計は5000万枚ともいわれるフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド。アイドル級のルックスでファンを獲得しただけでなく、若くして本格的歌唱+演奏力を持ち、しかしあえて超センセーショナルで下世話な戦略に打って出た20世紀音楽シーン最大のトリックスター5人組。SMセックスと核戦争とキリスト教を同時にネタにし、自らゲイであると公言、次々放送禁止の弾圧にあいながらも、ZTTのトレヴァー・ホーンの指揮の下80年代当時最新のテクノロジーで武装した音楽テロリストのデビュー・アルバム。日本でもCMやTV番組でお馴染み「Relax」をはじめ、「Two Tribes」「The Power Of Love」などのヒット曲、そしてバカラックやスプリングスティーンのカヴァーも含む全世代のロック/ポップスファン必携の一枚。今回は、フランキーの世界制覇25周年を記念して、レア曲をたっぷり収録したボーナスCDとの2枚組。2009年リマスター・デラックス・エディション!
(オリジナル・リリース:1984年)








top
『リヴァプール』

(XECZ-1039:¥2,300[税込])
NOW ON SALE!
  • 日本盤オリジナル紙ジャケ仕様<生産枚数限定盤>
  • 2009年リマスター
  • ボーナストラック収録
  • 解説:三田格

 

 

 

 

新人ながらデビューから3曲連続で全英一位を獲得、世界でのレコード売上総計は5000万枚ともいわれるフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド。アイドル級のルックスでファンを獲得しただけでなく、若くして本格的歌唱+演奏力を持ち、しかしあえて超センセーショナルで下世話な戦略に打って出た20世紀音楽シーン最大のトリックスター5人組。過激な題材を親しみやすいポップな歌にし、自らゲイであると公言、次々放送禁止の弾圧にあいながらも、ZTTのトレヴァー・ホーンの指揮の下80年代当時最新のテクノロジーで武装した音楽テロリストの2枚目にして最後のオリジナル・アルバム。先行シングルとしてリリースされた「Rage Hard」は詩人ディラン・トマスにインスパイアされ、続く「Warriors Of The Wasteland」は映画『マッドマックス』から影響されるなど幅広く興味の対象を広げ、前作よりさらにエッジの効いた音を探求した好盤。プロデュースはプロパガンダ等も手がけた名匠スティーヴ・リプソン。
(オリジナル・リリース:1986年)